最新情報

成行注文

成行注文とは、現時点で提示されている売値・買値で注文することです。例えば、注文発注画面で「98.599/98.622」と表示されている場合は、左側の値が「成行売り」、右側の値が「成行買い」の値です。この成行注文で保持したポジションをオープンポジションといいます。また、注文時には損失確定時などに利用する「決済逆指値」や、利益確定時などに利用する「決済指値」の設定を行うことができます。決済逆指値や決済指値は注文後に変更が可能です。

ショートカットキーであるキーボードのF9を押下やターミナルチャートツールバーメニューバー気配値表示から、注文の発注画面を表示します。

成り行き注文gif

■各項目を入力します。

通貨ペア
通貨ペアを選択します。気配値ウィンドウに表示されている通貨ペアのみ選択できます。
数量
取引ロット数を入力します。
決済逆指値
決済逆指値を設定する場合は入力します。
決済指値
決済指値を設定する場合は入力します。
コメント
コメントを記載する場合は入力します。
注文種別
成行注文(新規または決済取引)を選択します。
提示価格との価格誤差を有効にする
スリッページを設定する場合はチェックを入れます。
最大価格誤差
スリッページの許容範囲を入力します。

■各項目を入力後、新規取引:成行売り または、新規取引:買い のどちらかを選択すると、注文が行われます。注文後、OKをクリックすると画面が閉じ、印刷をクリックすると取引内容を印刷します。また、連続で注文を行う場合は、通貨ペアを選択し直すと、そのまま次の注文を行えます。

成行注文

■注文の結果は、ターミナルの取引タブをクリックすると、確認できます。

取引

タグ


2013年4月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:成行注文

このページの先頭へ

メタトレーダー用無料EA配布所イメージ画像