最新情報

MetaTrader4 チャート

チャートでは、過去のレートの動きや現在の為替相場の勢い、流れを視覚的に把握できます。一般的にチャートは売買のタイミングを決定するために利用され、過去の為替動向の分析から未来の為替の動きを予測します。
MetaTrader4では、複数の為替チャートを同時に開くことができ、それぞれのチャートはタブで管理し、メニューバーのウィンドウで、チャートウィンドウを分割表示することができます。また、トレンドラインやインジケーターなども表示できます。

■チャートは、メニューバー気配値表示から表示できます。

チャートgif

■チャート下のタブ(上記画像の場合、USDJPY,H1 EURUSD,M5 USDJPY,M5)を右クリックすると各機能を使用できます。また、タブをドラッグ&ドロップすると、タブの位置を変更できます。

チャート

Close
選択しているチャートを閉じます。
Maximize
選択しているチャートを最大化します。
Minimize
選択しているチャートを最小化します。
Restore
選択しているチャートを前の状態に復元します。
Windows…
表示されているチャートの一覧を表示します。チャートを閉じたり、切り替えが行えます。

■チャート上で右クリックをすると、各機能を使用できます。

チャート

注文発注
注文をします。新規注文を選択すると、成り行き注文の画面が表示され、Buy Limit at 価格(変動)や Sell Stop 価格(変動)を選択すると、指値注文、逆指値注文の画面が表示されます。 
Expert Advisors
Properties を選択すると、チャートに設定されているExpert Advisors のプロパティー画面を表示します。削除を選択すると、チャートに設定されているExperts Advisors の設定を削除します。Strategy Tester を選択すると、チャートに設定されているExperts Advisorsが選択された、テスターウィンドウを表示します。
ライン等一覧
チャートに表示されているトレンドラインやテキスト等の一覧が表示され、編集や削除ができます。
周期設定
チャートの時間足をM1(1分足)、M5(5分足)、M15(15分足)、M30(30分足)、H1(1時間)、H4(4時間足)、D1(日足)、W1(月足)から選択し、変更します。
定型チャート
定型保存を選択すると、現在のチャートの設定を定型として名前を付けて保存します。保存をすると、保存した名前が表示され、選択すると、定型として保存したチャートの設定が表示されます。削除を選択すると、定型として保存されているファイルが表示され、編集や削除を行えます。
更新
チャートの更新をします。
自動調整
自動調整をします。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。
出来高
出来高の表示/非表示を切り替えます。
ズームイン
チャートを拡大します。
ズームアウト
チャートを縮小します。
画像として保存
画像を名前を付けて保存します。
印刷プレビュー
印刷プレビューを表示します。
印刷
印刷をします。
プロパティー
プロパティーを表示します。チャートの設定を変更できます。

タグ


2013年4月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:チャート

このページの先頭へ

メタトレーダー用無料EA配布所イメージ画像