最新情報

シグナルがでた際にアラートを鳴らし、メールが送られるインジケーター

この度、我々FTLから無料で役に立つインジケーターやツール類を日頃からご愛顧頂いている皆様にご提供させて頂くことになりました!

今回は「AlertMail_Signal」をご紹介します。

「AlertMail_Signal」は、任意のインジケーターでシグナルがでた際にアラートを鳴らし、MT4に設定したメールアドレスにメールが送られます。

また、「AlertMail_Signal」はインジケータになります、保存場所がindicatorsになりますので、MT4フォルダの中のexpertsフォルダの中の下記画像のindicatorsフォルダへファイルを保存してください。

メタトレーダー用無料EA配布所

設定するチャートに関しましては、任意のインジケーターが設定されているチャートに設定してください。

尚、設定方法も通常のEAと同じように、ナビゲータ欄の「ExpertAdvisors」ではなく、「CustomIndicators」からチャートにドラッグするだけです。

無料ツールgif

上記チャートのように、シグナルが表示された場合にアラームが鳴り、メールを送信します。

パラメータに関しては、全般タブでは、 Allow DLL imports と Alloow external experts imports にチェックが入っているかを確認してください。

「パラメータの入力」タブでは、パラメータを変更していただけます。

名称未設定-2

■SignalBuffer1
下記の画像のようにシグナルをだすインジケーターのソースをご確認いただいて、bufferの数値を入力してください。

下記であれば、SetIndexBuffer(0, GoldenCrossBuffer);SetIndexBuffer(1, DeadCrossBuffer); なので、0を入力します。

名称未設定-3

■IntialValueType1
0もしくは1を入力いただいて、動作する方の数値を入力してください。

■AddSignal
Signalが2個分の識別番号を用いている場合は true、ない場合は false を選択してください。

■SignalBuffer2
SignalBuffer1 と同様に上記の画像のようにシグナルをだすインジケーターのソースをご確認いただいて、bufferの数値を入力してください。
上記であれば、SetIndexBuffer(0, GoldenCrossBuffer);SetIndexBuffer(1, DeadCrossBuffer); なので、1を入力します。

■IntialValueType2
0もしくは1を入力いただいて、動作する方の数値を入力してください。

■CheckBarNumber
足確定時に判定をしていますので、現在の足からシグナルがでている足の本数を入力してください。

■AlertOnOff
アラートを鳴らす場合は true、鳴らさない場合は falese を選択してください。

■MailOnOff
メールを送る場合は true、送らない場合は falese を選択してください。
尚、一度設定した項目を変更する場合には、チャート上で右クリックをし、「表示中の罫線分析ツール」を押下して、「AlertMail_Signal」を編集してください。

名称未設定-4

もちろん稼働中のEAのチャートにも表示ができます。

このように皆様のお役にたつ無料ツールをこれからもどんどんご紹介していきますので、ご期待ください!

また、

「こんなインジケータがほしい」
「こんな便利なツールがあるといい」

など感じておられるご要望をお聞かせください、そのご要望の中から、できるだけ期待に沿えるように、便利なツールを作成し無料で公開していきたいと思っております。

ですので、ご要望がございましたら下記メールアドレスまでご連絡ください。

「こんなツールがほしい」ご要望窓口  info@ftlabo.com

FTL無料ツール「AlertMail_Signal」ダウンロード



タグ


2013年8月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:FTL無料ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

メタトレーダー用無料EA配布所イメージ画像