最新情報

MT4で行われた取引の履歴をCSV化して保存するスクリプト

この度、我々FTLから無料で役に立つインジケーターやツール類を日頃からご愛顧頂いている皆様にご提供させて頂くことになりました!

今回は「OrderHistoryCsv」をご紹介します。

「OrderHistoryCsv」は、MT4で行なわれた取引の履歴をCSV化して保存する事ができるスクリプトになります、通常であればhtml形式での保存しかできませんが、このスクリプトを使う事によって直接CSV形式での保存が可能になります。

また、「OrderHistoryCsv」はスクリプトになります、保存場所がscriptsになりますので、MT4フォルダの中のexpertsフォルダの中の下記画像のscriptsフォルダへファイルを保存してください。

メタトレーダー用無料EA配布所

使用方法は簡単で、「OrderHistoryCsv」を任意のチャートにドラッグするだけです、表示させるチャートに関しましては任意の通貨ペアを選択して頂き、時間足も特に指定はありませんので、特に変更する項目はありません。

ナビゲータ欄の「ExpertAdvisors」ではなく、「Scripts」からチャートにドラッグするだけです。

メタトレーダー用無料EA配布所

また、「OrderHistoryCsv」は、期間の指定とEA毎での取引の指定ができます、下記のようにパラメータを確認してご利用ください。

メタトレーダー用無料EA配布所

上記の4つの赤丸部分にチェックをいれてください、他の部分はチェックはいれなくて結構です。

メタトレーダー用無料EA配布所

パラメータの説明になります。

SpecifyDay:期間指定の実行
trueで期間の指定が可能になります、falseは全期間になります。

OutputDayFrom:期間指定の初めの日時

OutputDayTo:期間指定の終わりの日時
※入力形式は初期パラメーターに沿ってください、 ”年.月.日”です。また、各取引のどの時間で判定しているかですが、 各取引のオープン時間で判定しているので、クローズ時間が指定期間に入っていても、その分は出力されません。

SpecifyMagicNumber:マジックナンバーを指定して出力
trueでマジックナンバーが指定できます、falseはMT4で取引された全取引になります。

OutputMagicNumber:マジックナンバーの数値
EAを指定して出力したい場合は、対象EAのマジックナンバーを入力してください。尚、0を入力する事で裁量取引を出力する事もできます。

FTLEA:FTLのEAの場合はtrueにします。
FTLのEAは複数通貨あるEAの場合でも、そのEAで取引された全ての取引が出力されます。

なお、この「OrderHistoryCsv」は、チャートにドラッグしてもコメント等は表示されず、expertsフォルダ内のfilesフォルダに下記のようにCSVが保存されます。
メタトレーダー用無料EA配布所

また、取引履歴は以下の形式で保存されます。(クリックすると拡大します。)

メタトレーダー用無料EA配布所

このように皆様のお役にたつ無料ツールをこれからもどんどんご紹介していきますので、ご期待ください!

また、 「こんなインジケータがほしい」「こんな便利なツールがあるといい」

など感じておられるご要望をお聞かせください、そのご要望の中から、できるだけ期待に沿えるように、便利なツールを作成し無料で公開していきたいと思っております。

ですので、ご要望がございましたら下記メールアドレスまでご連絡ください。

「こんなツールがほしい」ご要望窓口  info@ftlabo.com

FTL無料ツール「OrderHistoryCsv」ダウンロード



タグ


2013年4月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:FTL無料ツール

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

メタトレーダー用無料EA配布所イメージ画像