最新情報

MetaTrader4で稼働中のEAを全て停止、起動させるインジケーター

この度、我々FTLから無料で役に立つインジケーターやツール類を日頃からご愛顧頂いている皆様にご提供させて頂くことになりました!

今回は「FridayStop」をご紹介します。

「FridayStop」は、MT4で稼働中のEAを全て停止させるインジケータになり、またその起動も行なうことができます、MT4上部にある「ExpertsAdvisors」のボタンを押すイメージになります。

注意点は、EAの停止や稼動はしますがポジションの管理まではしておりませんので、ポジションを保有していてもそのままの状態でEAを停止させます、ですので週末の保有ポジションに注意してご利用ください。

また、インジケータ稼働中はEA停止中の場合は、手動でEAを稼動させてもティックデータが更新されると自動的に再度EAが停止されますので、手動で稼動や停止を行なう場合には、インジケータを表示させたチャートから削除してから行なうようにしてください。

メタトレーダー用無料EA配布所

上記がパラメータになります、FTL推奨の証券会社であれば、パラメータの変更は特に必要ありませんが、日本の証券会社などの場合は、市場が終わるのが、土曜日に入ってしまいますので、「SaturdayStopMode」をtrueにして頂きまして、Weekend_Stop_Hour(停止させる時間)と、Monday_Start_Hour(稼動開始時間)を調整して頂ければと思います。

デフォルトでは稼動停止が金曜日の20時、稼動開始が月曜日の7時となっております、例えば、金曜日で22時に停止させたい場合などは、「SaturdayStopMode」はfalseのままで、Weekend_Stop_Hourを22としてください。

※パラメータの時間表示はサーバー時間です、FTL推奨以外の証券会社でご利用される場合はご自身でご利用の証券会社でのMT4のサーバー時間をお調べ頂ければと思います。

また、全般タブでは、 Allow DLL imports と Alloow external experts imports にチェックが入っているかを確認してください。

メタトレーダー用無料EA配布所

「FridayStop」稼働中は、右上にFridayStopRunningのコメントが表示されます。

表示させるチャートに関しましては任意の通貨ペアを選択して頂き、時間足も特に指定はありませんので、特に変更する項目はありません。

また、一度設定した項目を変更する場合には、チャート上で右クリックをし、「表示中の罫線分析ツール」を押下して、「FridayStop」を編集してください。

メタトレーダー用無料EA配布所

尚、設定方法も通常のEAと同じように、ナビゲータ欄の「ExpertAdvisors」ではなく、「CustomIndicators」からチャートにドラッグするだけです。

もちろん稼働中のEAのチャートにも表示ができます。(表示させる場合に、稼働中のEAのコメントとFridayStopのコメントが重なると思われますので、新規チャートでFridayStopを表示させておく事をお薦め致します。)

このように皆様のお役にたつ無料ツールをこれからもどんどんご紹介していきますので、ご期待ください!

また、「こんなインジケータがほしい」「こんな便利なツールがあるといい」など感じておられるご要望をお聞かせください、そのご要望の中から、できるだけ期待に沿えるように、便利なツールを作成し無料で公開していきたいと思っております。

ですので、ご要望がございましたら下記メールアドレスまでご連絡ください。

「こんなインジケータがほしい」ご要望窓口  info@ftlabo.com

FTL無料インジケータ「FridayStop」ダウンロード

タグ


2013年3月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:FTL無料ツール

MetaTrader4 メニューバー

メニューバーでは、ファイル、表示、挿入、チャート、ツール、ウィンドウ、ヘルプを使用できます。

メニューバー

ファイル

ファイル

新規チャート
新しいチャートを表示します。
オフラインチャート
オフラインで過去のチャートを表示します。
チャートの再表示
閉じたチャートを再表示します。
チャートの組表示
チャートの組み合わせを保存したり、表示したりします。
チャートを閉じる
チャートを閉じます。
 名前を付けて保存
チャートをデータとして保存します。
画像として保存
チャートを画像として保存します。
デモ口座の申請
デモ口座を開設します。
ログイン
ログインします。
プリンターの設定
印刷時のプリンターを設定します。
印刷プレビュー
チャートの印刷プレビューを表示します。
印刷
チャートを印刷します。
プログラムの終了
MetaTrader4を終了します。

表示

表示

Languages
MetaTrader4 に表示する言語を選択します。
ツールバー
ツールバーに表示/非表示する項目を選択します。
ステータスバー
ステータスバーの表示/非表示を切り替えます。
 チャートバー
チャートバーの表示/非表示を切り替えます。
気配値表示
気配値表示の表示/非表示を切り替えます。
 データ・ウィンドウ
データ・ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
ナビゲーター
ナビゲーターの表示/非表示を切り替えます。
ターミナル
ターミナルの表示/非表示を切り替えます。
Strategy Tester
Strategy Tester の表示/非表示を切り替えます。
チャート全画面表示
チャート以外をすべて非表示にします。再度選択すると元に戻ります。

挿入

挿入gif

罫線分析分析ツール
テクニカルインジケーターをチャートに挿入します。
ライン
ラインをチャートに挿入します。
チャネル
チャネルをチャートに挿入します。
ギャン
ギャンをチャートに挿入します。
フィボナッチ
フィボナッチをチャートに挿入します。
図形
図形をチャートに挿入します。
矢印類
矢印類をチャートに挿入します。
アンドリューズ・ピッチフォーク
アンドリューズ・ピッチフォークをチャートに挿入します。
サイクル・ライン
サイクル・ラインをチャートに挿入します。
テキスト
テキストをチャートに挿入します。
テキストラベル
テキストラベルをチャートに挿入します。

チャート

チャート

表示中の罫線分析ツール
テクニカルインジケーターの確認とパラメータを変更します。
ライン等の設定
ラインの設定を変更します。
バーチャート
チャートをバーチャートに切り替えます。
ロウソク足
チャートをロウソク足に切り替えます。
ラインチャート
チャートをラインチャートに切り替えます。
チャートを前面表示
チャートを前面に表示します。
周期設定
チャートの時間足を変更します。
定型チャート
チャートの表示設定を保存します。
更新
チャートを更新します。
グリッド
チャートにグリッドを表示/非表示します。
出来高
チャートに出来高を表示/非表示します。
自動スクロール
チャートの自動スクロールをON/OFFします。
チャートの右端移動
チャートの右端移動をON/OFFします。
ズームイン
チャートを拡大します。
ズームアウト
チャートを縮小します。
ステップ・バイ・ステップ
チャートを区切りごとに移動します。
プロパティー
チャートの表示設定などを変更します。

ツール

ツール

新規注文
新規注文します。
History Center
過去のデータを取り込みます。
Global Variables
Global Variables を追加/削除します。
Meta Quotes Language Editor
MetaEditor を表示します。
オプション
MetaTrader4 の設定を変更します。

ウィンドウ

ウィンドウ

新規チャート
新規チャートを表示します。
重ね表示
表示されているチャートウィンドウを重ねて表示します。
水平分割
表示されているチャートウィンドウを水平分割して表示します。
垂直分割
表示されているチャートウィンドウを垂直分割して表示します。
アイコンの整列
アイコンを整列します。
1 EURUSD.H1
表示されているチャートの通貨ペアと時間足を表示します。
1 USDJPY.H1
表示されているチャートの通貨ペアと時間足を表示します。

ヘルプ

ヘルプ

ヘルプ・トピックス
Userguide を表示します。
Technical Analysis
Technical Analysis のページを表示します。
Automated Trading Championship
Automated Trading Championship のページを表示します。
Mobile
Trading
Mobike Traading の各ページを表示します。
MQL4.community
MQL4 の各ページを表示します。
MQL5.community
MQL5 の各ページを表示します。
About….
バージョン情報を表示します。

タグ


2013年3月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:メニューバー

MetaTrader4 ショートカットキー一覧

MetaTrader4 では、ショートカットキーを使用できます。良く使う機能などは、覚えておくと操作を迅速に行えます。

選択しているチャートを左にスクロールします。
選択しているチャートを右にスクロールします。
チャートを左に早くスクロールします。スケールが設定されていれば、上にスクロールします。
チャートを右に早くスクロールします。スケールが設定されていれば、下にスクロールします。
数値パッド5
変更後の自動チャート垂直スケールを復元します。
Page Up
選択しているチャートを左に早くスクロールします。
Page Down
選択しているチャートを右に早くスクロールします。
Home
選択しているチャートの1番古いデータに移動します。
End
選択しているチャートの1番新しいデータに移動します。
-
選択しているチャートを縮小します。
+
選択しているチャートを拡大します。
Delete
選択したすべてのグラフィカルオブジェクトを削除します。
Backspace
最後に配置されたオブジェクトをチャートから削除します。
Enter
選択しているチャートにファーストナビゲーションウィンドウを表示/非表示します。
Esc
ダイアログ画面を閉じます。
F1
ヘルプトピックスを表示します。
F2
ヒストリーセンターを表示します。
F3
グローバル変数を表示します。
F4
MetaEditor を起動します。
F5
次のチャートグループへ切り替えます。
F6
テスターを表示します。
F7
選択しているチャートに設定されているEAのプロパティを表示します。
F8
選択していチャートのプロパティを表示します。
F9
選択しているチャートの通貨ペアの新規注文をします。
F10
気配値のポップアップ表示を表示します。
F11
チャート全画面表示の有効/無効を切り替えます。
F12
選択しているチャートを左側にバー1つ分移動します。
Shift + F12
選択しているチャートを右側にバー1つ分移動します
Shift + F5
前のチャットグループに戻します。
Alt + 1
選択しているチャートをバーチャートにします。
Alt + 2
選択しているチャートをロウソク足にします。
Alt + 3
選択しているチャートをラインチャートにします。
Alt + A
すべてのテスト及び最適化結果をクリップボードにコピーします。
Alt + W
チャート設定ウィンドウを表示します。
Alt +F4
MetaTrader4 を終了します。
Alt + Backspace または Ctrl + Z
オブジェクト削除を復元します。
Ctrl + A
すべての指標ウィンドウの高さを初期値に設定します。
Ctrl + B
オブジェクトリストウィンドウを表示します。
Ctrl + C または Ctrl + Insert
クリップボードへコピーします。
Ctrl + E
Expert Advisors の有効化/無効化を切り替えます。
Ctrl + F
選択しているチャートに十字線を表示します。
Ctrl + G
グリッド線の表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + H
四本値線の表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + I
選択しているチャートに設定されているテクニカルインジケーターを表示します。
Ctrl + L
出来高の表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + P
選択しているチャートを印刷します。
Ctrl + S
チャートをデータとして保存します。
Ctrl + W または Ctrl + F4
チャートウィンドウを終了します。
Ctrl + Y
周期区切り記号の表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + Z または Alt + Backspace
オブジェクト削除を復元します。
Ctrl + D
データ・ウィンドウの表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + M
気配値表示の表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + N
ナビゲーターの表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + O
設定ウィンドウを表示します。
Ctrl + R
テスターの表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + T
ターミナルの表示/非表示を切り替えます。
Ctrl + F6
次のチャートウィンドウをアクティブ化します。
Ctrl + F9
ターミナルの取引を表示します。

タグ


MetaTrader4 気配値表示

気配値表示では、各通貨ペアのレート表示、ティックチャートを表示します。「通貨ペア一覧」では、リアルタイムで変化する通貨ペアのレートを表示します。気配値で表示される数値の色は、青と赤の2種類があります。変動前の値より高くなっている場合は青色、低くなっている場合は赤色で表示されます。各通貨ペアをダブルクリックすると、注文の発注ウィンドウが表示されます。「Ask」は買値、「Bid」は売値を指します。
「ティックチャート」タブでは、提示レートが変わる度に更新されるティックチャートが確認できます。

■気配値表示が表示されていない場合は、メニューバーの「表示」をクリックし、「気配値表示」をクリックすると、表示されます。また、気配値表示ウィンドウは、「Ctrl」+「M」のキーでも表示できます。

気配値表示4

■気配値表示の「各通貨ペア一覧」をクリックすると、各通貨ペアのレートをリアルタイムで確認できます。また、通貨ペアを並び替える場合は、並び替えたい通貨ペアを選択し、そのまま移動したい場所にドラッグ&ドロップします。

気配値表示

通貨ペア
通貨ペアを表示します。
Bid
売値を表示します。
Ask
買値を表示します。
高値
当日の高値を表示します。
安値
当日の安値を表示します。
時間
サーバー時間を表示します。

■各通貨ペア上で右クリックすると、各機能を使用できます。

気配値表示3

新規注文
選択している通貨ペアの新規注文を行います。
チャート表示
選択している通貨ペアのチャートを表示します。
ティックチャート
選択している通貨ペアのティックチャートを表示します。
選択通貨ペアの非表示
選択している通貨ペアを非表示にします。選択している通貨ペアのチャートが表示されている場合は、非表示になりません。
通貨ペア数の最小化
チャートを表示している通貨ペアや1部の通貨ペアが表示されます。
全通貨ペアを表示
全通貨ペアを表示します。
通貨ペア一覧
通貨ペア一覧を表示します。
表示通貨ペアの組合せ
表示している通貨ペアの組合せを保存します。保存した組み合わせを表示します。
高値/安値
高値/安値の表示/非表示を切り替えます。
時間
時間の表示/非表示を切り替えます。
自動整列
自動整列のON/OFFを切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。
気配値ポップアップ表示
気配値のポップアップを表示します。

■「ティックチャート」をクリックすると、「通貨ペア一覧」で選択している通貨ペアのティックチャートを表示します。また、各通貨ペア上で右リックして、「ティックチャート」を選択しても表示できます。

気配値表示2gif

■ティックチャート上で右クリックをすると、各機能が使用できます。

気配値表示

新規注文
新規注文をします。
チャート表示
表示しているティックチャートの通貨ペアのチャートを表示します。
Askを表示
Askラインの表示/非表示を切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。

タグ


2013年3月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:気配値表示

MetaTrader4 タイトルバー

タイトルバーでは、現在ログインしているアカウント情報やチャートの通貨ペアを表示します。

■タイトルバーの左側に現在ログイン中の口座番号や使用中のMetaTrader4、口座の種類、選択中のチャートの通貨ペアや時間足が表示されます。

タイトルバー

■タイトルバーの右側では、MetaTrader4画面の最小化や最大化、終了が行えます。

タイトルバー

-
MetaTrader4画面を最小化します。
MetaTrader4画面を最大化します。
×
MetaTrader4画面を終了します。

タグ


2013年3月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:タイトルバー

通貨ペアのスプレッドを表示させるインジケーター

この度、我々FTLから無料で役に立つインジケーターやツール類を日頃からご愛顧頂いている皆様にご提供させて頂くことになりました!

今回は「SpreadRecorder」をご紹介します。

「SpreadRecorder」は、単純に通貨ペアのスプレッドを表示させるインジケータになります。またスプレッドが推移するグラフも同時に表示されます。

また、スプレッドデータの保存はMT4フォルダの中のexpertsフォルダの中のfilesフォルダに全通貨分のデータがCSV形式で自動で保存されていきます。ですので例えばUSDJPYのチャートにインジケータを表示させておいても、スプレッドのデータ保存は全通貨分が保存されていきます。

尚、例えば、複数の通貨ペアで表示をさせると、保存されるファイルは1つですが、データの中身が重複しますので、保存されるCSVファイルの容量が大きくなりますので、注意が必要です。

保存形式は以下のように全通貨で保存されます。

メタトレーダー用無料EA配布所

使い方に関しましては、パラメータの変更点なども特にありませんので、表示させておくだけOKです、全般項目のみ Allow DLL imports と Alloow external experts imports にチェックが入っているかを確認してください。
メタトレーダー用無料EA配布所

チャートに関しましては任意の通貨ペアを選択して頂き、時間足も特に指定はありませんので、特に変更する項目はありません。

また、一度設定した項目を変更する場合には、チャート上で右クリックをし、「表示中の罫線分析ツール」を押下して、「SpreadRecorder」を編集してください。
メタトレーダー用無料EA配布所

尚、設定方法も通常のEAと同じように、ナビゲータ欄の「ExpertAdvisors」ではなく、「CustomIndicators」からチャートにドラッグするだけです。もちろん稼働中のEAのチャートにも表示ができます。

このように皆様のお役にたつ無料ツールをこれからもどんどんご紹介していきますので、ご期待ください!

FTL無料インジケータ「SpreadRecorder」ダウンロード

タグ


2013年3月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:FTL無料ツール

MetaTrader4 ナビゲーター

ナビゲーターでは、口座、罫線分析ツール、Experts Advisors、Custom Indicators、Scripts が確認できます。リアル口座とデモ口座の切り替えや削除が行え、チャートにEAやインジケーター、スクリプトを設定できます。よく利用するEAやインジケーター、スクリプトは、お気に入りに追加すると、より迅速に設定を行えます。

■ナビゲーターが表示されていない場合は、メニューバーの「表示」をクリックし、「ナビゲーター」をクリックすると表示されます。また、ナビゲーターウィンドウは「Ctrl」+「N」のキーでも表示できます。

ナビゲーター3gif

■ナビゲーターの「全般」をクリックすると、各項目の一覧を確認できます。

ナビゲーター

口座

■「口座」の左の「+」マークをクリックすると、ログイン時に保存した口座情報の一覧が表示されます。複数の口座のログイン情報を保存している場合、複数の口座情報が表示されます。一覧を閉じたい場合は、「口座」の左の「-」マークをクリックします。

ナビゲーター

ナビゲーター

■口座情報上で右クリックをすると、各機能を使用できます。

ナビゲーター

ログインします。
削除
選択している口座情報を削除します。
デモ口座の申請をします。
お気に入りに追加
選択している口座情報をお気に入りに追加します。お気に入りに追加した口座情報は、ナビゲーターの「お気に入り」をクリックして確認します。

罫線分析ツール

■「罫線分析ツール」の左の「+」のマークをクリックすると、インジケーターの一覧が表示されます。一覧を閉じたい場合は、「罫線分析ツール」の左の「-」マークをクリックします。任意のインジケーターをチャートに設定したい場合は、任意のインジケータをチャートにドラッグ&ドロップします。また、各インジケーター上で右クリックして、「チャートに表示」を選択しても可能です。

ナビゲーター1

ナビゲーター2gif

■各インジケーター上で右クリックすると、各機能を使用できます。

ナビゲーターgif

チャートに表示
選択しているインジケーターをチャートに表示します。
お気に入りに追加
選択しているインジケーターをお気に入りに追加します。
Set hotkey
選択しているインジケーターのショートカットキーを設定します。

Expert Advisors

■「Expert Advisors」の左の「+」のマークをクリックすると、EAの一覧が表示されます。一覧を閉じたい場合は、「Expert Advisors」の左の「-」マークをクリックします。任意のEAをチャートに設定したい場合は、任意のEAをチャートにドラッグ&ドロップします。また、各EA上で右クリックして、「チャートに表示」を選択しても可能です。

ExpertAdvisors

ExpertsAdvisorsgif

■各EA上で右クリックすると、各機能を使用できます。

ExpertsAdvisors

チャートに表示
選択しているEAをチャートに表示します。
修正
選択しているEAのプログラム内容を修正します。
削除
選択しているEAを削除します。
作成
新しくEAを作成します。
お気に入りに追加
選択しているEAをお気に入りに追加します。
Set hotket
選択しているEAのショートカットキーを設定します。
Online library
MQL.comの情報を確認します。

Custom Indicators

■「Custom Indicators」の左の「+」のマークをクリックすると、インジケーターの一覧が表示されます。一覧を閉じたい場合は、「Custom Indicators」の左の「-」マークをクリックします。任意のインジケーターをチャートに設定したい場合は、任意のインジケーターをチャートにドラッグ&ドロップします。また、各インジケーター上で右クリックして、「チャートに表示」を選択しても可能です。

Custom Indicators

Custom Indicators

■各インジケーター上で右クリックすると、各機能を使用できます。

Custom Indicators

チャートに表示
選択しているインジケーターをチャートに表示します。
修正
選択しているインジケーターのプログラム内容を修正します。
削除
選択しているインジケーターを削除します。
作成
新しくインジケーターを作成します。
お気に入りに追加
選択しているインジケーターをお気に入りに追加します。
Set hotket
選択しているインジケーターのショートカットキーを設定します。
Online library
MQL.comの情報を確認します。

Scripts

■「Scripts」の左の「+」のマークをクリックすると、スクリプトの一覧が表示されます。一覧を閉じたい場合は、「Scripts」の左の「-」マークをクリックします。任意のスクリプトをチャートに設定したい場合は、任意のスクリプトをチャートにドラッグ&ドロップします。また、各スクリプト上で右クリックして、「 Execute on Chart 」を選択しても可能です。

Script

Script

■各スクリプト上で右クリックをすると、各機能を使用できます。

Scriptgif

Execute
on Chart
選択しているスクリプトをチャートに表示します。
修正
選択しているスクリプトのプログラム内容を修正します。
削除
選択しているスクリプトを削除します。
作成
新しくスクリプトを作成します。
お気に入りに追加
選択しているスクリプトをお気に入りに追加します。
Set hotket
選択しているスクリプトのショートカットキーを設定します。
Online library
MQL.comの情報を確認します。

お気に入り

■「お気に入り」をクリックすると、お気に入りに追加した項目を確認できます。任意の項目をチャートに設定したい場合は、任意の項目をチャートにドラッグ&ドロップします。また、各項目上で右クリックして、「チャートに表示」を選択しても可能です。

ナビゲーター.2gif

■各項目上で右クリックすると、各機能を使用できます。

お気に入り

チャートに表示
選択している項目をチャートに表示します。
お気に入りから削除
選択している項目をお気に入りから削除します。

タグ


2013年3月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ナビゲーター

売買ポイントのタイミングによる投資手法の違い

安倍内閣で、アベノミクスと呼ばれていますがデフレ脱却・無制限の量的緩和策を打ち出したことで、円安方向に進んでますね。

この円安で、かなり儲けたという話を聞く事がありますが実際にまだ何もしておらずに、方向を示しただけの期待感で相場が動いてしまっているので注意しなければなりません。

実際に、直近のドル円相場の値動きを見ると、2月25日には94円半ばから→90円後半へと4円近くも円高方向に動いています。

ドル円の値動きについて、過去のデータを調べていくと、1日の値動きは平均1円程度なのでこの時は、平均の4倍も動いた事になりますね。

こういう時に、大きな損失を出しやすいので、アベノミクスだから円安に向かうだろう。100迄は円安が進むだろう。などと、楽観的に予測などをせず、慎重にトレードした方がいいと思います。

売買ポイントのタイミングによる投資手法の違い

前回は、保有ポジションの時間の長さや、利益や損失の狙う幅の違いによる投資スタイルの違いについてお話をいたしましたが、今回は、売買ポイントのタイミングによる投資手法の違いのお話をしたいと思います。

一般的にトレード方法は、トレンドに追従してエントリーを行なう順張り系と、逆に、レンジ相場のサポートラインやレジスタンスラインの幅を取りにいく逆張り系の2種類に分類されますね。

しかし、この順張りと逆張りという見方は短期的には順張りに見えるけれど長期スタンスで見れば逆張りだったりして見る時間足を変えると、まったく逆に見える事もあります。

なので、第三者が、単にトレードしている人のエントリーポイントを見ただけでは、その人の投資手法を即座に判断出来ないものです。

また、逆に自分は、順張派とか、逆張派とか、思っていたとしても、客観的に見たらそうではなかったりして意外と手法を分類すること自体が難しい事だったり、あるいは意味の無いことであったりするかも知れません。

一般的に、相場はレンジ相場が7割でトレンド相場が3割と言われていますので逆張りは7割のレンジ相場を狙うから勝率は高いとか、逆に3割の順張りは勝率が悪いとか言われています。

ただこのあたりも、著名な人がそういってたからとか、投資本に書いてあるから、そんなもんなんだとか思って、

自分は勝率が高いほうがいいから、逆張りの手法でいこう

みたいに、短絡的に決めてしまうのは考え物だと思います。

さっきもお話したように、どのような時間足で見るかによって、逆張りだったか順張りだったかの解釈が違ってくるので意味がなく勝率が決まる要因というのは、狙う損益と利益の比率によるところが大きいという事を理解しなければなりません。

例えば、

自分は逆張りで、高い勝率を目指しているのに、勝率が悪いんですよ。やはり読みが下手なんですかね

なんて相談された事がありますが、その方の売買履歴から、チャートと付き合わせてみるとたしかに短期的に見たら逆張りっぽいところでエントリーはしていて、エントリー後しばらくの間は含み益が乗っていた事の方が割合としては多かったのですが、その方が勝率が悪いのは、逆張りが原因ではありませんでした。

実は、その方のエントリーは利益確定の幅が30Pipsに対して、損切り幅は20Pipsだったのです。

利益と損失の幅の比率3:2なので5回トレードをした場合、2勝3敗となり理論上の勝率は40%である事が導き出されます。

つまり、この方の手法では理論上の勝率が既に低くなる事は明白なのでその勝率を補う何か特別なエッジが必要だという事になります。

多くの投資家は、勝率をあげる為に、頑張って予想の精度をあげる事に必死になる場合が多いのですが、単に勝率をあげるだけなら、利益と損失の幅を1:9に変更するだけでどんなタイミングでエントリーしても簡単に90%以上の勝率にすることも可能なのです。

その辺りの算出方法が分かっていない人が意外と多いようです。

ただし、注意しないといけないのは、この比率はスプレットを考えないで単に値動きの幅だけの比率にすることです。

例えば、リミットの値動きの幅を10Pipsにしたい場合でスプレットが1Pipsの場合は、実際に注文する場合のリミットとストップの設定値はリミット9Pipsでストップ91Pipsになります。これで、勝率9割は目指せます。

さらに、人間の予想も省いてコイントスで売り買いを判定すれば、回数をこなすほどより9割の勝率に近づくでしょう(^^

ただし、あくまで勝率だけを求めてるのでコスト×回数分は負けますので、利益はでません(苦笑)

なので、予想の精度をあげることも大切ですが、それよりも、この利益と損失の幅が、自分の投資スタンスとマッチングしているかどうかを精査をする事が重要で、それを見直すだけで利益が出たりするようになることも多いので、ちゃんと売買記録を取って、見直しをすることがとても大切だと思います。

よく、FXの攻略本などで売買記録をつける事が大事だと書かれていますが自分自身のトレードを把握出来ているかどうかということがとても大切ということですね。

ユーザーマイページについて

FTLの公式ブログに「ユーザマイページ」を用意しました。

ユーザマイページにログインして頂きますと、最新のマニュアルと、最新のEAがダウンロードできるようになっておりますのでご活用ください。

ユーザマイページ
http://ftlabo.com/blog/login/

過去記事一覧

■保有ポジションの時間の長さや、利益や損失の狙う幅の違いによる投資スタイルの違い
http://wp.me/p35dsN-uY

■FXの確定申告と税務調査について
http://wp.me/p35dsN-sy

■あてにならない信託保全制度
http://wp.me/p35dsN-rr

■クロスファイアFX有料版の無料化について
http://wp.me/p35dsN-qP

■キャッシュバックキャンペーンのお知らせ
http://wp.me/p35dsN-qL

■大反響!2週間で50万円が290万円になった「ガンガンバイナリー」
http://wp.me/p35dsN-lM

■バイナリーオプションとは?
http://wp.me/p35dsN-jp

■2週間で50万円が290万円になったBO手法
http://wp.me/p35dsN-iO

■悪徳?業社のレート生成の裏事情を想像してみる
http://wp.me/p35dsN-9d

■業社の悪だくみ?を逆手に取る技術介入手法
http://wp.me/p35dsN-8b

■合法的な詐欺?FX業界の裏事情
http://wp.me/p35dsN-4F

■驚愕「裏技?」情報等公開予定
http://wp.me/p35dsN-4C

■ブログ移転
http://wp.me/p35dsN-6

よくあるお問い合わせ

■週末のポジションや、指標や声明発表時の対応に関して
http://wp.me/p35dsN-sq

■EAの動作状況の確認に関して
http://wp.me/p35dsN-so

■数日注文が全く入らない方へ
http://wp.me/p35dsN-sm

■Windouws7 のフォルダ表示に関して
http://wp.me/p35dsN-sk

■登録メールアドレスの変更について
http://wp.me/p35dsN-sh

■セキュリティーエラーに関するお問い合わせに関して
http://wp.me/p35dsN-se

タグ


2013年3月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ニュース

口座残高を円表示にするインジケーター

この度、我々FTLから無料で役に立つインジケーターやツール類を日頃からご愛顧頂いている皆様にご提供させて頂くことになりました!

今回は「YenDollar」をご紹介します。

「YenDollar」は、ドル口座などの円口座以外の口座で運用している場合に関して、口座残高を円に直して表示させる事ができるインジケーターとなります。

使い方に関しましては、パラメータの変更点なども特にありませんので、表示させておくだけOKです。

メタトレーダー用無料EA配布所

チャートに関しましては任意の通貨ペアを選択して頂き、時間足も特に指定はありませんので、特に変更する項目はありません。

また、一度設定した項目を変更する場合には、チャート上で右クリックをし、「表示中の罫線分析ツール」を押下して、「YenDollar」を編集してください。

メタトレーダー用無料EA配布所

尚、設定方法も通常のEAと同じように、ナビゲータ欄の「ExpertAdvisors」ではなく、「CustomIndicators」からチャートにドラッグ&ドロップするだけです。

このように皆様のお役にたつ無料ツールをこれからもどんどんご紹介していきますので、ご期待ください!

FTL無料インジケータ「YenDollar」ダウンロード

タグ


2013年3月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:FTL無料ツール

MetaTrader4 ターミナル

ターミナルでは、取引、口座履歴、ニュース、アラーム設定、メールボックス、Signals、Experts、操作履歴が確認できます。ターミナル画面下部のタブを切り替えることによって各種コンテンツを利用できます。

特に利用頻度が高いのは、「取引」タブです。取引タブでは、実際に取引中のポジションの状況を把握することができます。リアルタイムでポジションの損益を計算しますので、チャートと合わせて常に確認出来ます。取引したポジションの決済を行うには、表示されているポジションを右クリックして「決済注文」を選択します。

■ターミナルが表示されていない場合は、メニューバーの「表示」をクリックし、「ターミナル」をクリックすると、表示されます。また、ターミナルウィンドウは、「Ctrl」+「T」のキー、もしくはタイトルバーをダブルクリックすると最小化します。また、元に戻す際も同じ手順です。

ターミナル

■取引、口座履歴、ニュース、アラーム設定、メールボックス、Signals、Experts、操作履歴の表示上で右クリックをすると、各機能を使用できます。

ターミナルgif

新規注文
新規注文をします。
最小化
ターミナルを最小化します。
閉じる
ターミナルを閉じます。

取引

■「取引」をクリックすると、未決済のポジションや予約注文をしているポジションの管理が行えます。すべての未決済ポジションの損益結果も表示されます。また、上部項目をクリックすると、選択した項目で昇順や降順に並び替えできます。

取引gif

注文番号
自動的に割り当てられた番号を表示します。
時間
約定、注文した日時を表示します。
取引種別
売りポジションは「sell」、買いポジションは「buy」、指値売り注文は「Sell Limit」、指値買い注文は「Buy
Limit」、逆指値売り注文は「Sell Stop」、逆指値買い注文は「Buy Stop」を表示します。
数量
注文、保有したロット数を表示します。
通貨ペア
注文、保有した通貨ペアを表示します。
Price
約定した価格を表示します。
S/L(決済逆指値)
損切り価格を表示します。
T/P(決済指値)
利食い価格を表示します。
Price
現在の価格を表示します。
手数料
取引手数料を表示します。
Taxes
税金を表示します。
スワップ
取引通貨間の金利差から生じる損益を表示します。
損益
現在の価格で決済した場合の損益を表示します。
コメント
EA名などのコメントを表示します。

残高
現在の残高を表示します。残高 = 預入証拠金 ± 実現損益
有効証拠金
残高に、所有するポジションのリアルタイムの損益を加減した金額を表示します。有効証拠金 = 残高 ± 評価損益の合計
必要証拠金
現在のポジションを維持するのに必要な証拠金額を表示します。
余剰証拠金
保有ポジションの維持もしくは新規取引に使用できる証拠金を表示します。余剰証拠金 = 有効証拠金 – 必要証拠金
証拠金維持率
必要証拠金に対する有効証拠金の割合を%表示した数値を表示します。有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

■「取引」を選択時に、ターミナル内やポジション情報上を右クリックすると、各機能を使用できます。

ターミナル

新規注文
新規注文をします。
決済注文
選択しているポジションの決済注文をします。
注文変更または取消
選択している注文を変更や削除します。
トレイリング・ストップ
選択している注文にトレイリング・ストップを設定します。
損益表示形式
損益表示形式を選択します。
手数料
手数料の表示/非表示を切り替えます。
Taxes
Taxesの表示/非表示を切り替えます。
コメント
コメントの表示/非表示を切り替えます。
自動整列
自動整列のON/OFFを切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。

口座履歴

■「口座履歴」をクリックすると、過去に決済されたポジション履歴の一覧が表示されます。また、上部項目をクリックすると、選択した項目で昇順や降順に並び替えできます。

口座履歴gif

注文番号
自動的に割り当てられた番号を表示します。
時間
約定、注文した日時を表示します。
取引種別
売りポジションは「sell」、買いポジションは「buy」、指値売り注文は「Sell Limit」、指値買い注文は「Buy
Limit」、逆指値売り注文は「Sell Stop」、逆指値買い注文は「Buy Stop」、口座残高は「balance」を表示します。
数量
注文、保有したロット数を表示します。
通貨ペア
注文、保有した通貨ペアを表示します。
Price
約定した価格を表示します。
S/L(決済逆指値)
損切り価格を表示します。
T/P(決済指値)
利食い価格を表示します。
時間
決済日時を表示します。
Price
決済価格を表示します。
手数料
取引手数料を表示します。
Taxes
税金を表示します。
スワップ
取引通貨間の金利差から生じる損益を表示します。
損益
確定した損益を表示します。
コメント
EA名などのコメントを表示します。

■「口座履歴」を選択時に、ターミナル内や履歴を右クリックすると、各機能を使用できます。

ターミナル

全履歴
全履歴を表示します。
3ヶ月
3ヶ月間の履歴を表示します。
1ヶ月
1ヶ月間の履歴を表示します。
期間のカスタム設定
履歴を表示する期間を設定します。
レポートの保存
表示されている履歴をデータとして保存します。
詳細レポートの保存
表示されている履歴を詳細にデータとして保存します。グラフが掲載されます。
Commissions
手数料の表示/非表示を切り替えます。
Taxes
Taxesの表示/非表示を切り替えます。
コメント
コメントの表示/非表示を切り替えます。
自動整列
自動整列のON/OFFを切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。

ニュース

■「ニュース」をクリックすると、業者側から配信される各ニュースを確認できます。閲覧したい記事をダブルクリックすると、ニュースの詳細を確認できます。

ニュース

時間
ニュースの日時を表示します。
ヘッドライン
ニュースの見出しを表示します。

■ニュース上で右クリックすると、各機能を使用できます。

ターミナル

開く
ニュース内容を確認します。
コピー
時間、ヘッドラインの内容をコピーします。
自動整列
自動整列のON/OFFを切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。
Grid
Grid の表示/非表示を切り替えます。

アラーム設定

■「アラーム設定」をクリックすると、アラーム設定の管理が行えます。アラームの作成や修正、削除が行えます。

アラーム設定gif

通貨ペア
アラーム条件を設定した通貨ペアを表示します。
条件
アラームを作動する条件を表示します。
Counter
アラームが作動した回数を表示します。
最大反復数
アラームが繰り返し作動する最大回数を表示します。
間隔設定
アラームが作動する間隔を表示します。
音声設定
アラーム音を表示します。

■ターミナル内やアラーム設定項目を右クリックすると、各機能を使用できます。

ターミナル

作成
新しくアラームの設定をします。
修正
選択しているアラームの設定を修正します。
削除
選択しているアラーム設定を削除します。
無効/有効
選択しているアラーム設定の無効/有効を切り替えます。
自動整列
自動整列のON/OFFを切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。

メールボックス

■「メールボックス」をクリックすると、業者側から届いたお知らせメールを確認できます。ダブルクリックすると、内容を確認できます。

メッセージボックス

時間
メールを受信した日時を表示します。
From
送信元を表示します。
ヘッドライン
メールの見出しを表示します。

■ターミナル内やメール上で右クリックすると、各機能を使用できます。

ターミナル

作成
新しいメールを作成します。
開く
選択しているメールの内容を確認します。
削除
選択しているメールを削除します。
自動整列
自動整列のON/OFFを切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。

Signals

■「Signals」をクリックすると、トレードの参考となるシグナルの紹介の一覧が表示されます。

signals

Signal
Signal名を表示します。
Server
サーバー名を表示します。
Broker
ブローカー名を表示します。
Ping
Pingデータを表示します。
Trades
トレード回数を表示します。
Pips
獲得Pips数を表示します。
Avg Pips
平均獲得Pips数を表示します。
Weeks
配信から現在までの週の数を表示します。
Max DD %
最大ドローダウンを%で表示します。
ROI
ROI を表示します。
Created
配信が開始された年月日を表示します。
Last Active
最後に取引した日時を表示します。
Win %
利益率を表示します。
Balance
残高を表示します。
Graph
資産曲線を表示します。

■シグナルの紹介の項目上で右クリックすると、各機能を使用できます。

ターミナルgif

My
Subscription
購読している項目を表示します。
Details
選択している項目の詳細を確認します。
Subscribe
購読の申し込みをします。
Unsubscribe
購読の解除を申し込みします。
Full Signal List
すべての項目を表示します。
Filter
項目を選択し、フィルターをします。
Server
Sever の表示/非表示を切り替えます。
Broker
Broker の表示/非表示を切り替えます。
Ping
Ping の表示/非表示を切り替えます。
Trades
Trades の表示/非表示を切り替えます。
Pips
Pips の表示/非表示を切り替えます。
Avg Pips
Avg Pips の表示/非表示を切り替えます。
Weeks
Weeks の表示/非表示を切り替えます。
Max DD %
Max DD % の表示/非表示を切り替えます。
ROI
ROI の表示/非表示を切り替えます。
Creation Date
Creation Date の表示/非表示を切り替えます。
Last Update Time
Last Update Time の表示/非表示を切り替えます。
Auto Arrange
自動整列のON/OFFを切り替えます。
Grid
Grid の表示/非表示を切り替えます。

Expets

■「Experts」をクリックすると、EAや各種インジケーター、スクリプトの稼働状況を確認できます。EA設定時のエラーの有無も確認できます。

ターミナルgif

時間
動作が行われた日時を表示します。
メッセージ
動作内容を表示します。

■ターミナル内や項目上で右クリックすると、各機能を使用できます。

Experts

開く
ログ内容を確認します。
コピー
選択している項目の内容をコピーします。
自動スクロール
自動スクロールのON/OFFを切り替えます。
自動整列
自動整列のON/OFFを切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。

操作履歴

■操作履歴では、MT4で行われた全操作履歴の一覧が表示されます。エラーの有無も確認できます。

操作履歴

時間
動作が行われた日時を表示します。
メッセージ
動作内容を表示します。

■ターミナル内や履歴上で右クリックすると、各機能を使用できます。

ターミナル

開く
ログ内容を確認します。
コピー
選択している項目の内容をコピーします。
自動スクロール
自動スクロールのON/OFFを切り替えます。
自動整列
自動整列のON/OFFを切り替えます。
グリッド
グリッドの表示/非表示を切り替えます。

タグ


2013年3月15日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ターミナル

このページの先頭へ

メタトレーダー用無料EA配布所イメージ画像